フラワーエッセンス

オーストラリアブッシュ・シーオーク・エッセンスについての考察

Aloha❤いつも読んで頂きありがとうございます。

海辺のヒーリングサロンかずえです。

勉強中の講座で卒業論文に書いたものです。
せっかくテキストを起こしたので、読んで頂こうと思い、こちらに載せますね。

ブッシュエッセンスのシーオークに私自身もずいぶんと助けられています。
身体の60%は水分だから、身体の水分保持は何よりも大切です!

 

【シーオーク Casuarina glauca/モクマオウ科モクマオウ属】

 

モクマオウの木は、オーストラリア全域に広く分布しています。この木は、とても親水性が高く世界中で海岸線の砂地や湿地で土壌の安定材や防砂林として使われています。

モクマオウ(Casuarina)は、地球上で最初に進化した木のひとつです。Casuarinaは「大型で飛べないヒクイドリの羽に似ている。」から来ています。

 

俗名のシーオークは、初期の白人入植者たちが、この木材を家の屋根や建築材、家具として用いたので、貧乏人のカシ(オーク)と呼んだことにちなんでいます。

 

温かい川沿いや、干潮河川を好んで育つこの植物は、背の高い直立した木で、枝はまばらで枝垂れていて、その葉は松の様です。

 

 

雌花は球形のつぼみで、このつぼみにはお水がたっぷりと蓄えられています。生命力にあふれる赤い花冠が咲いて風をとらえる様子は、まるで子宮が卵子をとらえようと待ち構えている姿に見えます。また、花が終わった後はナッツのような果実ができますが、これは、その大きさも人間の卵巣と同様です。

雄花は枝の先端で長い穂のように密集しており、木全体に赤っぽい色合いを付加しています。

私が13年前にオーストラリアに学びに行ったときに、ブッシュの中で、この植物によく会いましたが、枝はピンピンまっすぐにのびて、私の顔にぶつかり、歩くのにいつもこの植物を抑えながら歩きました。また足元も根が張っていて足を高く上げて歩かないと非常に歩きにくかったのを覚えています。

この性質から、大変エネルギッシュでグラウディングも出来ていて、伸びた枝がしっかり花と実を守る、母のような強さを感じました。

 

女性にとって、不妊は人生で一番ショッキングな出来事の一つです。このレメディは、妊娠を阻んでいる感情的な要因に対処します。

不妊の20%以上が原因不明とされています。このレメディを取ることで、本人がそれを意識しているしていないにかかわらず、妊娠を阻んでいる感情的要因を取り除くことが出来ます。

感情的要因としては、自分にその能力がないと思い込んでいたり、自信が持てずにいたり、子育てに伴う不安や心配でいっぱいなのかもしれません。

自然療法医的な観点からは、不妊は子宮の脱水によるもので、ある特定の方法で修正可能ですが、このレメディを取ることで、同じ効果を得ることが期待できます。

飲み水に入れることで、水の吸収と細胞内に水分を保つことのエネルギー的なサポートをします。

また、卵巣の機能が不安定で生理不順となっているときや、更年期で生理周期が乱れたりするときに、ホルモンバランスの調整をしてくれます。

もちろん、閉経後は、副腎から女性ホルモンが分泌されるようになりますが、女性ホルモンレベルを高く維持するサポートになります。

 

 

【シーオークを選択するときの状態と効果】

否定的状態:女性のホルモンバランス不調、肉体的原因なく妊娠できない

肯定的結果:ホルモンバランスが整う・妊娠・創造

 

【不妊の場合の取り方】4weeks飲んで、2weeks休む

ほぼ半年以内で、うまく行くが、これで、ダメな場合は、+フランネルフラワーもしくは、+ブッシュフューシャで、続ける。

 

【妊活以外の期待できる効果】

PMS(月経前症候群)・生理サイクルに伴うむくみ

卵巣の調整・精巣の調整・水分を保つ

 

【レメディが入っているコンビネーションエッセンス】

・Womanブレンド

・Solarisブレンド

 

 

【まとめ】

ブッシュエッセンスにはそのエネルギーシュな古い大地からの性質からなのか、赤いお花のエッセンスがとても多いです。

時代背景もあると思いますが、バッチレメディではセクシュアリティに関して直接触れているものはありませんでしたが、近年、創られているエッセンスの中にはセクシュアリティがテーマになっているものもたくさんあります。カウアイ島のKen先生は、エッセンスのセッションに訪れる人の80%はセクシュアリティの問題で来るとおしゃっていました。

デリケートな心の問題ほどフラワーエッセンスが役に立つと思っています。

 

【参考文献】

・オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンス イアン・ホワイト著

・オーストラリア・ブッシュ・フラワーヒーリング イアン・ホワイト著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。