メディカルハーブ

フレッシュ・ジャーマンカモミールでチンキとコーディアル作り

長い戦いになりそうな、こんな状況でも、お花と戯れたい・・・

 

2020年1月から、薬草魔女の会で、メディカルハーブを学んでいます。

 

初めて会う、フレッシュなジャーマンカモミールたち。

なんてキュートで美しい!

 

 

このお花部分だけを摘んで、まずは、お茶にして頂いてから、チンキとハーブコーディアルを作るのだけれど、

 

お茶に浮かべても・・・

 

お花だけ摘んでチンキ用瓶に入れても・・・

とにかくかわいらしい。

 

お花たちと戯れるのは、至福の時。

結局、お花と絡みたいんだな・・私。

 

 

ハーブティは、青リンゴの香り。

今まで飲んでいたドライハーブとは全く別物な感じです。

 

 

そして、ヨーロッパ、特にドイツでは古くから薬草として使われていたらしいですが、キク科のこのジャーマンカモミールの期待される効能が、なんとも素晴らしいのです。

このハーブの成分のカマズレン、アピゲニンが消炎・鎮痙作用を持ち、心身共にリラックスさせ、頭痛・胃痛・冷えや不眠・皮膚炎までカバーするなんとも万能なハーブでした。

 

 

更年期で、夜中のホットフラッシュも、このお茶を飲むようになってから、ずいぶんと改善しています。

私の不調の原因は、ストレスと緊張だったのですね・・・

新型コロナで、植物と戯れる仕事以外がなくなった今、意外と至福だったりもします、(笑)

 

 

このハーブ、育ててみたいなあ・・・

 

 

【チンキ】

ハーブティの作用に精油の作用も入って、しかもお口やお水に垂らしてサクッと飲めるので、ハーブティを入れるより簡単です。

フレッシュの場合

お花:ウォッカ = 1:2で作ります。

 

保存用瓶にお花を入れ、お花がウォッカにしっかりとつかるようにウォッカを注ぎます。

このとき、お花がウォッカからでっぱってしまうようなら、もう少しウォッカを注ぎます。

今回は、お花15gに、ウォッカ(アルコール40%)30gですが、お花がやっぱり少しでっぱってしまったので、ウォッカは50gにしました。

 

2週間もかからずに完成するんじゃないかな?、と先生のお言葉。

はじめてのフレッシュハーブでのチンキ、どうなることやら・・・

【参考】

ドライハーブの場合の分量

ドライハーブ:ウォッカ = 1:10

10gのハーブに100ccのウォッカで作ります。

 

 

【ハーブコーディアル】

炭酸水で割ったり、お湯で割ったりして、飲むことができます。

保存のためにお砂糖を使います。

 

フレッシュハーブ20gに、お水は200gで、濃いめのハーブティを作ります。

お鍋にお水を入れて沸騰したら、パックにいれたハーブを入れ、同時に火をとめます。

出来上がったハーブティに、同量のお砂糖とレモン汁を少量加えて、少し煮つめる。

瓶詰したら完成です!簡単!

今回はきび糖で作ったので茶色だけれど、ハーブティの色を出したければ、白糖を使ってください、とのこと。

やっぱりほんのり青りんごの香りのコーディアル。

 

飲み終わったら、ドライハーブで作ってみます。

ドライハーブの場合も

ハーブ:お水 = 1:10

で、フレッシュの場合と同量です。

今までは出来たのを購入していましたが、これからは自作できます!うれしい~!

 

切り取った茎は、煮だしてお風呂に入れて、これでパーフェクト。お風呂もほんのりリンゴの香りただよいます。

 

認定試験が、コロナの影響で延期になってしまったけれど、ハーブティのお茶会も楽しそうだね。

 

 

横浜の薬草魔女のハーブ教室、おススメですよ~~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です